SAJ・・・から引用させてもらいました。
ステップになるときには、いろんな夢や希望・理想があります。現にあたしがそうでした。
それが思う通りではなかった時、非常に辛い、という現実と戦わなければなりませんでした。
これからステップになる方には、この方面での覚悟を。
今苦しんでる方は、「目からうろこ」状態になる内容だと思います。




新しくステップファミリーとなった家族は、程度の差こそあれ、誰もが新しい結婚生活に
対して期待を持ちます。今回こそは完璧な家族を持ち、完璧なパートナーとなり、
完璧な親になろうと考えることも稀ではありません。しかし、これらの期待の中には、
ステップファミリーの一員として生きていく中で、現実的とは言えないものがあることも事実なのです。
どのような期待が現実的でないものか、ステップファミリーに対する思い込みや誤解に
過ぎないかを知ることは、大変重要です。なぜなら、非現実的な期待を持っていると、
自分の家族がステップファミリーとしては普通である問題に行き当たったとき、
必要以上に失望してしまうことがありえるからです。
それでは、どのような思い込みが間違った思い込みなのでしょうか。
ステップファミリー神話とでも呼ぶべき、間違った思い込みの例を挙げてみましょう。


1 【一緒に暮らせば家族になれる】
  ステップファミリーに対する研究で、ステップファミリーが新しい家族として
まとまるには最低4年もかかることがわかっています。
ただし、小さい子どものいる家庭のほうが、年齢が上の子どもがいる家庭よりも、
家族がまとまるまでにかかる時間が少ない傾向があります。


2 【子どもがみな両親の実子である家族(初婚家庭)と、
    同じような親子関係・家族関係をめざすべきだ】
初婚家庭と再婚家庭には基本的な構造に違いがあるため、ステップファミリーの
親子関係・家族関係を初婚家庭と同じようにするには無理があります。
家族にはそれぞれ異なるニーズや理想の形があるのですから、自分の家族にとって
もっともよいと思う親子関係・家族関係とはどういうものかを考え、
その実現をめざしましょう。


3 【パートナーを愛していれば、その子どももすぐに愛することができ、
   また、子どもは新しい親を親として受け入れることができる】
どんな関係でも、関係が育ち成熟するまでには時間がかかるものです。
大人よりむしろ子どもの方が、このことを意識している場合があります。
「私を愛しているのだから、私の子どものことも愛せるはず」という実親の期待は、
家族みなにフラストレーションと罪悪感をもたらすことにもなりかねません。
継親が暖かい絆を持ちたいと思っていても、
子どもにはまだ心の準備ができていないこともあります。
4 【継母意地悪だ】
残念ながら、世間の継母に対するイメージは、シンデレラや白雪姫の影響を受けて
否定的なものです。良い親になろう、ベストを尽くそうと努力するにもかかわらず、
継母はこの偏見に悩まされることが少なくありません。
また、継父の虐待事件などから来る偏見にも、同じことが言えます。
いずれにせよ、継親子関係が深まっていくには、時間がかかります。


5 【親の離婚・再婚を経験した子どもは、問題を抱えている】
アメリカの調査研究によると、子どもが親の再婚や離婚後の適当に長期的に
問題を持ち続けるのは、3分の1に過ぎません。そしてこのような子どもは、
両親が別居や離婚をする前から不安定になることが多いのです。3分の2の子どもは、
自分たちの家に慣れ、新しい生活が価値あるものだと感じるようになると
落ち着いてきます。子どもが不安定になっており、後になってもずっと動揺が
おさまらないようなら、親子ともにカウンセラーを利用するのも良い方法です。


6 【離れて暮らすもうひとりの実親に会わせないほうが、子どものためによい】
離れて暮らすもう1人の親と連絡を取っていない場合、子どもはその親について現実と
かけ離れた幻想を持つ傾向があります。離れている親を、理想化するのです。
子どもが親に対して必要とするものと、あなたが自分のパートナーに対して
必要とするものが同じというわけではありませんから、前の配偶者があなたにとって
満足のいくパートナーではなかったとしても、子どもにとっては大切な親であるということを
忘れてはいけません。子どもを虐待したり無視したりするなどという場合を除いて、
子どもは、離れて暮らす親と可能な限り連絡を取り合うことが望ましいでしょう。
7 【死別の再婚の方が、離婚後の再婚より楽だ】
亡くなってしまった人のことを、現実的に考えるのは難しいものです。
その人は思い出の中にいるのであって、現実には存在しません。
時には故人が聖人のように見えてしまうこともあります。
あたしいパートナーは、見えない相手と戦い続けなければならないような
気になることもあるかもしれません。
離別の場合ですら、以前の配偶者との摩擦や憎しみが薄れた時、
子どもたちが、再婚を、もうひとりの親への裏切り行為としてみることがあります。
まして、亡くなった親はすっかり美化されており、
子どもたちは新しい継親を歓迎しない場合も多いのです。
また、配偶者に先立たれた人は、前の結婚と「同じ」結婚生活を求める傾向が
ありますが、このような思いは新しいパートナーの負担となります。
以前と「同じ」関係というのは、ありえないからです。