継子は実子をよく虐めてる。

なんなんだ?
実子に、何か怒られる理由があるなら、あたしだって、何も言わない。
でも・・・なにもない。
継子の勝手な感情の捌け口になっているだけだった。
「自分の言う事を聞かないから」
「イライラするから」
それだけで実子は殴られていた。
継子は元来、2人とも「しつこい」性格をしてる。
「こうしたらいいんじゃない?」という進言を
実子が断ったりしたら、さあ大変!
「なんで?なあ!なあ!なあ!なんで!」
なんとしてでも自分の意見を
取り入れてもらわないと気がすまない。
そして・・・断り続ける実子は殴られるのだ。
「それってさぁ、はじめは親切でいいんだけど
度を越えると『押し付け』にしかならないんだよ。
本人がイイって言ってるんだから!
あんたにもおなじ事、言おうか???」
あたしの言うことなんて、全然聞かないくせに。
しつこく言うのも嫌だから、あたしは引き下がってるだけなのに。
こうやって、実子は陰でコソコソと継子2人に虐められているのだ。
二人一緒に、という事はないが、継子たちとは折り合いが良くない。
回数は減ったものの、今でもそれは時折あるようだ。
実子もすぐに伝えてくれたらいいものを、
大分時間が経ってから話してくれるから対処の仕様がない。
でもそれは、あたしと世間話をするように行われる。
実子も、慣れてしまったかのようだ。(慣れも問題だ)


実子のほうが大きかったら・・・何度も思った。
幼いが為に、根性の悪い義兄姉に虐められる。
でも、それにきちんと向き合い、自分で感情の発散をして過ごしているようだ。

さすが、あたしの子!
ステップファミリー向きな実子である。