我が家の継子達は、やたらとお金に執着している。

何もかも、お金で解決しようとする。
お金は、何にでも換えられる「魔法の道具」なんだ。
そう教えられてきた継子達に、この3年、言い続けている。


お金は大事、それと同じくらいとても怖い物。
人の気持ちも人生も変えてしまう物。
お金にだらしのない人は、すべてにだらしがない。
お金を馬鹿にしたら、お金に化かされる。
・・・上手く伝わってるだろうか・・・。


これまでの事件は
長男・・・学校でのカードゲーム、さいころ遊び
     次女の同級生からカツアゲ?
     10円の公衆電話代をケチる
     勝手に遊びに行くのに、金くれ?

長女・・・万引き、家の貯金箱から4万円使い込み
     ばあちゃんのサイフから1万円盗む
          親のサイフからちょびちょび小銭を盗む


   ホント、勘弁してくれよ〜!って事ばかり。
はじめは頑張って説教していたけれど
根尽きて、今は最終的にだんな様にお任せ。
躾も・・・人並みに恥ずかしくない生活できる知恵だけを
つけてくれたらそれでいいのに・・・それすらも、今はない。


生活の基本。
布団の整え、靴の始末、整理整頓

行動の後始末
使用後のトイレは汚れていないか
食事の後のテーブルは汚れてないか
使った物は元の場所に仕舞う
洗濯物は出す、ゴミはゴミ箱に、提出物は出す

テストで満点を取って来いって言ってるわけじゃない。
でも、できない。


何度も言う。
「できないならできないと、初めに言ってくれ」と。
あまりにおなじことばかり言わなきゃいけないので
こちらも、あほらしくなってきた。


もう、どうでもいい・・・。

箸とペンはキチンと持てるようになろうよ、最低限!